2019/03/28

「SRJ全国大会」を2019.9/9(月)グランドプリンスホテル高輪(東京・品川)にて開催します

基調講演として、「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」の著者である新井紀子先生にご講演をいただくことになりました。
新井紀子先生が代表理事・所長を務められている「一般社団法人 教育のための科学研究所」では、次世代を担う子どもたちの読解力を高め、日本の教育の質的向上に取り組むための活動を産学協同で行っておられます。
SRJは新井紀子先生の活動に賛同し、「言葉の力を育み、人生を豊かにする教育の実践」にこれからも尽力していく所存です。
今回の基調講演が、私塾、私学、また民間教育業界の皆さまにとって、知識基盤社会において核心的な学力である「読解力」の向上について深く考えていただく機会になれば幸いです。

●日時
2019年9月9日(月)13:00~

●会場
グランドプリンスホテル高輪
新幹線・JR線・京急線の品川駅(高輪口)から徒歩約5分
都営地下鉄浅草線高輪台駅から徒歩約3分
(詳細はグランドプリンスホテル高輪Webサイトをご覧ください)

●概要
SRJ全国大会
講演:新井紀子氏

Profile

東京都出身。一橋大学法学部およびイリノイ大学数学科卒業、
イリノイ大学5年一貫制大学院を経て、東京工業大学より博士(理学)を取得。
専門は数理論理学2011年より人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトディレクタを務める。
2016年より読解力を診断する「リーディングスキルテスト」の研究開発を主導。
科学技術分野の文部科学大臣表彰、Netexplo Award、日本エッセイストクラブ賞、石橋湛山賞、山本七平賞、大川出版賞などを受賞。
2017年にTEDで行った講演は、21カ国語に翻訳され140万人以上が視聴した。
2018年にはマクロン大統領の招待により世界のトップAI研究者とともにフランスのAI政策について進言。
また、同年、国連において持続可能な開発目標(SDGs)と科学技術との関係を討議する第3回STIフォーラムで基調講演を行った。

※申込み受付は、5月下旬頃を予定しております。参加費等の詳細は改めてお知らせいたします。