2020/04/17

「見せましょう、民間教育の底力を!」代表取締役社長 堀川直人のメッセージ

~危機か転機か、教育現場の「生きる力」が問われる!~

新型コロナウイルス感染症の流行拡大の中で、
教育現場でご尽力されている皆様方に感謝と尊敬の意を表します。

私たちが子どもたちに教えてきたこと。
混沌とする社会の様々な課題や困難を自らで解決し、克服していく「生きる力」。
未来ではなく現在に、子どもたちではなく私たちに、その真価が問われています。
教育現場の危機(Crisis)か転機(Change)か、私たちはその分水嶺にいます。
家庭や地域は、教育現場の底力に期待しています。

SRJは難局(Corona)に対抗するため、4つの「C」を皆様に約束いたします。
 ・Change(通塾×通信 による教育改革)
 ・Critical(現状打破からの経営の再始動)
 ・Commit(「決めたこと」を完遂する結束)
 ・Communication(批判より対案・対話)

今、この難局を乗り越えていくための経験や英知こそが、一隅を照らし、
そして、未来の教育に進化していくと確信しています。
SRJは皆様と共に未来を語り、そして未来を創出する企業を目指します。

東日本大震災で胸に刻まれたエールを敢えて贈ります。

見せましょう、民間教育の底力を!

株式会社SRJ(ウィザスグループ)
代表取締役社長 堀川 直人